日食:最も美しい写真

米国での皆既日食の記録

これが、NASA太陽観測所(SDO)が2017年8月21日の日食を見た方法です。©NASA / SDO
読み上げ

それは米国にとって1世紀の出来事でした。昨夜、皆既日食は西から東に一度北アメリカを通過しました。 何百万人もの人々がこの天国の光景を見る機会を得ました-その場で生きるだけでなく、インターネット上のライブストリームを介して。 以下は、日食の最も美しいNASA画像の一部です。

私たちの時間の19:20クロックで、それは時間でした:月の中心の影はオレゴンの海岸に達しました。 晴天と最高の天気で、何千人もの人々が日食にあいさつし、月が太陽にゆっくりと遠くに移動するのを見ました。 望遠鏡、飛行機、および高高度気球を使用して、NASAはイベントの追跡と記録も行いました。 ISSの宇宙飛行士も、この機会にムーンシェードの観察と写真撮影を行いました。

これが、NASA太陽観測所(SDO)が2017年8月21日の日食を見た方法です。©NASA / SDO

軌道外のムーンシェード

何百万人もの人々が地球からの日食に驚いている間、国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗した6人の宇宙飛行士は完璧な概観を持っていました。 ISSは、日食の間に3回暗闇の経路を飛びました。

{2リットル}

最後のきらめき

きらびやかな宝石のリングのように、ほぼ完全に隠された太陽が全体の直前にここに現れます。 実際には、非常に狭い鎌しか見ることができませんが、このショットでは太陽の放射光が鎌を上回り、この広くて大きな光点の印象を与えます。 ディスプレイ

{3リットル}

オレゴン州のパールコード効果

このショットは、月が完全に前に押し出される前の最後の太陽の光線を示しています。 月面は平らではないため、クレーターとバンプの間で光が点滅し、このいわゆるビードストリング効果またはイングリッシュベイリーのビーズを形成します。

{4リットル}

全体

この写真は、オレゴン州マドラスの皆既日食のピーク:全体の段階を示しています。 認識しやすいのは、コロナのコロナの非対称性です。これは、盲目の太陽の周りの太陽大気を形成します。 マドラスは、月の影が地球の表面を通過する途中で到達した米国で最初の場所の1つでした。

{5リットル}

プロセス全体

この合成写真は、ワシントン州カスケード国立公園のロス湖での部分日食のプロセスを示しています。 この場所は全体の道の外にあったため、ここでは太陽が完全に隠されておらず、狭い三日月が見えたままでした。

{6リットル}

太陽の前でのISSの通過

ロス湖からのこのショットは、半隠された太陽の前の国際宇宙ステーションの輪郭を示しています。 観測所は、観測者と太陽を1秒間に約8キロメートルで走り抜けました。 宇宙ステーションの大きな日除けの2つの外側を見るのは良いことです。

(NASA、2017年8月22日-NPO)