更年期症状に効果のない大豆

米国の保健当局の包括的なプラセボ研究は効果がないことを証明

大豆には、化学構造がエストロゲンに似ているイソフラボンが含まれています。 ©SXC
読み上げ

大豆製剤は、閉経期症状に対するホルモン療法の穏やかで健康的な代替法と考えられています。 しかし、アメリカの研究者が45〜60歳の間に約250人の女性を対象にした研究で証明しているように、通常投与されている大豆錠剤は役に立たない。 5年間の研究では、プラセボを毎日服用している女性と大豆の錠剤を服用している女性の間に違いはありませんでした。

これまで閉経症状を緩和し、骨粗鬆症を予防するためにしばしば使用されていたホルモン製剤は、いくつかの大規模な研究で癌を促進することが示されています。 したがって、大豆製品はより健康的な代替品と見なされることがよくあります。 大豆には、化学構造が女性ホルモンのエストロゲンに似ている物質が含まれています。 したがって、これらのイソフラボンは、特に代替医療において、閉経期症状または骨粗鬆症に対するエストロゲン療法のハーブ代替として推奨されます。 大豆の豊富な食事も、アジアの女性が閉経期の問題に悩まされることはほとんどない理由です。

しかし、イソフラボンの有効性は非常に物議を醸しています。 したがって、ドイツでは大豆製剤は栄養補助食品としてのみ承認されており、医薬品としては承認されていません。 以前の研究では矛盾した結果が得られましたが、客観的な研究の基準を常に満たしているわけではありません。 したがって、とりわけ、米国国立衛生研究所は現在発表されている研究を委託しました。

その種の最も包括的な研究

マイアミ大学のシルビナリーバイス周辺の科学者は、無作為に選ばれた248人の参加者について研究を実施しました。 2004年7月から2009年3月まで、大豆からのイソフラボン200ミリグラムまたは効果のないプラセボを含む錠剤を毎日1錠受け取りました。 被験者も開業医も、自分がどのグループに属しているかを知りませんでした。 用量は、アジア人女性の食事からの最大摂取量の2倍になるように選択されました。 評価には、定期的な骨密度測定と被験者とのインタビューが含まれていました。

「現在の研究は、貧弱な研究デザイン、パネルサイズが小さすぎる、期間が短すぎるなど、大豆製品に関する多くの以前の研究の制限を克服するように設計されました」と、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のデボラ・グラディはコメントしました。 ディスプレイ

プラセボに勝る効果はありません

しかし、この研究の結果は明らかでした。大豆の調製品はプラセボよりも効果がありませんでした。 「閉経後の最初の5年間で、大豆イソフラボン錠剤は骨密度の低下も典型的な更年期症状も予防しません」とジャーナル「内科のアーカイブ」の研究者は報告しています。 両グループの女性は、睡眠障害、乾燥した膣粘膜、気分のむら、汗の発生に等しく苦しみました。

ほてりでのみ、科学者は大豆サプリメントのわずかな鎮静効果を観察しました。 ただし、これは統計的に有意ではありませんでした。 結果は、大豆の錠剤を摂取することも適切な代替手段ではないことを示しています、と研究者は言います。 (Arch Intern Med。2011; 171 [15]:1363-1369)

(NIH、2011年8月10日-NPO)