中国は禁止されているオゾンキラーを解放していますか?

研究者は、トリクロロフルオロメタンの排出増加の主な原因を突き止めました

推進剤のトリクロロフルオロメタンは、悪いオゾンキラーと考えられています。 ©HG:NASA
読み上げ

違法排出:中国は禁止されたCFC推進剤を大規模に使用しているようです。 測定により、かなりの量の「オゾンキラー」トリクロロフルオロメタンが国の東部の大気に到達することが示されています。 研究者がジャーナル「Nature」で報告しているように、これは近年、再び不審に増加しているトリクロロフルオロメタン放出の主な原因であると思われます。

クロロフルオロカーボン(CFC)の使用は、1987年にモントリオール議定書が採択されたため、現在ではほとんど禁止されています。 それが判明したのは、冷媒と噴射ガスとして以前に大量に使用されていた物質が、本当の「オゾンキラー」であり、地球のシールドの穴の主な原因であるからです。

それ以来、大気中のトリクロロフルオロメタン(CFC-11)などの有害化合物の濃度は着実に減少しており、オゾン層はゆっくりと回復しています。 しかし、昨年、研究者はこの傾向が2012年以降減速していることを発見しました。 世界のどこかで、禁止されたトリクロロフルオロメタンが再び放出されたようです。

東アジアの手がかりを検索

これらの新しいCFC排出の原因となる人物は、当初は不明のままでした。 ただし、ヒントがありました。ソースは東アジアにある可能性があります。 ブリストル大学のマット・リグビーと彼の同僚によって、この仮定に至るまでの内容がレビューされました。 これを行うために、彼らは大気中のCFCとその分解生成物のレベルを絶えず監視するグローバル監視ネットワークからのデータを評価しました。

さらに、彼らは韓国と日本のローカルステーション、すなわち疑わしい地域のエリアにある場所からの測定値に特に注目しました。 この情報と、大気中の空気と化学物質の輸送のモデルシミュレーションを使用して、科学者は禁止物質の起源を最終的に特定することができました。 ディスプレイ

特に山東省と河北省では、より多くのCFC-11がリリースされています。 ブリスティル大学

排出量の著しい増加

その結果、中国が脚光を浴びました。 したがって、分析から明らかなように、近年、国の東部からのCFC-11排出量は劇的に増加しています。 したがって、2014年から2017年の間に、それらは2008年から2012年の期間に比べて年間約7, 000トン増加しました。大気の原因です。

研究者によると、この有害物質の大部分は山東省と河北省の北東部で明らかに放出されています。 「しかし、日本などの他の東アジア諸国でのCFC-11排出量の大幅な増加の兆候は見つかりませんでした」とリグビーの同僚であるルークウエスタンは言います。

モントリオール議定書違反

研究チームが計算したように、中国の高レベルのCFC排出は、モントリオール議定書の露骨な違反によってのみ説明できます。 測定値が高すぎて、たとえば建物や古い冷蔵庫の断熱フォームから排他的に逃れることができないためです。

「最も可能性の高い説明は、トリクロロフルオロメタンが中国の生産で使用されている、または使用されるということです。 私たちのデータはこれを2017年末までに示唆していますが、その後の期間については検討しませんでした」とリグビーは言います。 「今、どの産業が新しい排出に責任があるのか​​を明確にする必要があります。」

グローバルデータがまだありません

しかし、この文脈で中国は本当に唯一の「黒い羊」なのでしょうか? 「当社の測定値は、中国の東部、西日本、朝鮮半島をカバーしています。 北米、ヨーロッパ、南オーストラリアのデータもあります。 しかし、オゾン層破壊物質の放出に関する情報がほとんどない世界の大部分の地域は、「慶北国立のSunyoung公園を締結します韓国の大学。 (Nature、2019; doi:10.1038 / s41586-019-1193-4)

出典:Nature Press /ブリストル大学

-ダニエル・アルバト