Marstaubsのなぞなぞ解決

ある地域は、赤い惑星のほこりをほぼすべて生成しました

接近するダストストームでの火星探査機の好奇心。 火星の塵がどこから来たのか、研究者は今や発見した。 ©NASA / JPL-Caltech / MSSS
読み上げ

火星のダストスリング:今日火星で循環しているほとんどすべての塵は、火星の赤道近くの地層である単一の領域から発生しています。 いくつかのMarssondesからのデータによって明らかにされたように、このメデューサのFossae層のみがマスチックダストと化学的に一致する堆積物を持っているからです。 過去数十年の間に、火星の風がこの層の半分以上を侵食し、火星全体に粉塵として広がっています。

火星はほこりの多い惑星です。赤褐色のほこりはほぼすべての表面を覆い、いくつかの場所で砂丘に移動し、惑星の大気中に細かいベールを形成します。 現在、地球規模のダストストームでさえ、レッドプラネットを覆い隠しています。

「毎年2.9兆キログラムの塵が火星の表面と大気の間で交換されていると推定されており、塵活動は今日の地球上で最もダイナミックで支配的な地質プロセスの1つとなっています」とジョンズ・ホプキンス大学のLujendra Ojhaは述べましたボルチモアと彼女の同僚。

どこでも同じ火星の塵

しかし、この塵はどこから来るのでしょうか? 地球上では、砂やほこりは、とりわけ、川の侵食、風化、氷河の下での岩の破砕、または風食によって生成されます。 火星の液体水は短時間しかなかったため、川の侵食はほとんど影響しませんでした。 マルテンサイト粒子の形状と小さなサイズから、研究者は、何よりも、風食がその形成に役割を果たしたと結論付けています。

奇妙なことに、火星探査機のスピリットとオポチュニティの測定では、小石の塵は惑星の両端でさえもほぼ同一の組成であることが示されています。 「これは、ほこりが地元の岩から来ているのではなく、グローバルなユニットを形成していることを示唆している」と研究者は述べた。 また、花粉に非常に高いレベルの硫黄と塩化物が含まれていることも印象的です。 ディスプレイ

火星のメデューサ化石形成 Ojha et al./ Nature Communications、CC-by-sa 4.0

1つのソースのみが適合

マースタウブの謎を解決するために、オハと彼女のチームは、火星の岩石の化学組成に関する軌道プローブと火星の火星からのデータを分析しました。 彼らは、岩がテンダストと同様の硫黄と塩化物の蓄積を持っている1つ以上のエリアを捜しました。

結果:火星には、ほこりの塵が発生する可能性のあるエリアが1つしかありません。 これらは、火星の赤道近くの長さ約1, 000キロメートル、厚さ600メートル以上の堆積物層であるメデューセフォセ層(MFF)です。 この地域の岩石だけが、湿地の塵と同じレベルの硫黄と塩化物を持っている、と研究者は報告しています。

半分に縮小

ジョンズ・ホプキンス大学の共著者であるケビン・ルイスは、「この火星に大量の堆積物がなかったら、火星はほこりっぽくないだろう」と言う。 「いわば惑星を汚染し、時間の経過とともに徐々に侵食されています。」この形成が激しい風による侵食の影響を受け、おそらく残っているという事実は、いわゆるヤランダン-細長い細長いリブとH によって証明されていますそれは風によって形作られました。

Medusae Fossaeの風の形をしたヤーダン NASA / JPL /アリゾナ大学

科学者たちは、かつてメデューサのフォセ層が、アメリカ大陸の半分の面積である500万平方キロメートル以上を覆っていたと推定しています。 しかし、今日では、侵食によって200万平方キロメートルに「縮小」しています。 フォーメーションは、火星全体を厚さ3メートルの塵の層で覆うのに十分な材料を失っていたので、オジャと彼女の同僚。

「それは、火星がどのように埃っぽくなったのかを説明できた」とルイスは言う。 Medusae Fossae層の細粒堆積物の起源は部分的にしか知られていません。 惑星の研究者は、この地域が火山噴火の堆積物で構成されていると疑っています。 火山灰の発生源には、火星の大きな火山、アポリナリスモンス、アルシアモンス、パボニスモンスがあります。 (Nature Communications、2018; doi:10.1038 / s41467-018-05291-5)

(ジョンズ・ホプキンス大学、06.08.2018-NPO)