アジアからの新しいオゾンキラー

中国は禁止されている四塩化炭素をますます放出しています

中国東部の光景(左上)-ここでは禁じられている「オゾンキラー」が制作され、リリースされています。 NASA / JSC
読み上げ

オゾン層に対する新たな脅威:中国では、四塩化炭素がますます放出されています-オゾンを破壊する化学物質であり、その放出は世界中で禁止されています。 2012年のデータによると、禁止されたガスの新しいソースでさえ、中国山東省で発生しています。 四塩化炭素が意図せずにクロロホルム生産の副産物として放出されるのか、それとも意図的に生産禁止に違反したのかはまだ不明です。

1987年以来、モントリオール議定書によるオゾン層破壊フロン(CFC)の生産と放出は世界中で禁止されています。 2010年以降、これは四塩化炭素(CCl 4 )にも当てはまります。 これらの塩素含有化学物質は成層圏で連鎖反応を開始し、保護オゾン層を破壊します。

しかし、すべての国が一貫して禁止事項に固執しているわけではありません:2014年には、研究者は4つの未知のCFCの放出を検出しました。

疑わしい排出

ブリストル大学のマーク・ルントと彼のチームが別のオゾンキラーを追跡しています。 彼らは、2010年以降禁止されているテトラクロロメタンの出力が近年どのように発展してきたかを調査しました。 この非常に有毒な化学物質は、以前は溶剤および洗浄剤として使用されていましたが、化学産業の原料としても使用されていました。

「国連の推定によれば、今日の世界の排出量は年間5ギガトン未満であり、減少し続けるだろう」とLunt氏と同僚は説明する。 しかし、測定結果はそうではないことを示しています:「このガスの許可された生産からの公式の出口にもかかわらず、排出量の減少の証拠は見つかりませんでした」と研究者は述べた。 したがって、彼らは韓国の監視ステーションを使用して、現在の四塩化炭素排出源を絞り込むことを試みました。 ディスプレイ

20009年から2016年までの中国東部における四塩化炭素の抽出 Lunt et al。 / Geophys。 Res。L.、CC-by-sa 3.0

出所は中国東部の工業中心地

結果:オゾン層を破壊する塩素化合物のほとんどは中国産です。 「四塩化炭素の発生源は、主に中国東部の江蘇省、上海、山東省にある」と研究者らは報告している。 山東省では、2012年以降も新しいガス源が出現し、そこから大量の四塩化炭素が放出されています。

しかし、どのプロセスまたは工場がオゾン層破壊ガスを生成するかはまだ不明です。 「これらの州には、別の塩素化メタン、塩化メチル(CH 3 Cl)の供給源として以前に特定された主要な産業の中心地があります」と研究者は言います。 しかし、リリースの場所だけからソースを決定することはできません。 「しかし、それは重要です。なぜなら、そこでガスが意図的に生産されているのか、それが偶然に発生して放出されるのかを教えてくれるからです」と、Luntsの同僚Matt Rigbyは言う。

1つのソースからの2つのオゾンキラー?

しかし、研究者は、以前に指摘された禁止されたトリクロロフルオロメタンの放出との関係を疑っています。 「テトラクロロメタンがトリクロロフルオロメタンの生産に使用されているという事実と、放出源の分布の一貫した変化のために、化合物は近い」と科学者は言います。 これらのオゾン層破壊物質のさらなる排出を防ぐために、より厳密な制御と監視が必要になりました。

「これらの研究は、オゾン層破壊ガスの放出を監視し続けることがいかに重要であるかを示しています」とLuntは言います。 「オゾンの問題は解決されたと思う誘惑がありますが、排出量を監視するだけで、これらのオゾン層破壊化合物から本当に抜け出すことができます。」(Geophysical Research Letters、2018; doi:10.1029 / 2018GL079500)

(ブリストル大学、2018年5月11日-NPO)