月のコアは地球のようです

30年前のアポロデータの再分析により、月のより詳細な内部構造が明らかに

最新の結果による月の内部構造©NASA / MSFC / Renee Weber
読み上げ

アポロ実験の30年前のデータは、月のより正確な内部構造を初めて明らかにしました。 「科学」で発表された新しい分析によると、地上衛星は長さ約480キロメートルの固体鉄心を持ち、ほぼ90キロメートルの厚さの液体の外側コアに囲まれています。 したがって、全体として、月の内部は地球に非常に似ており、コア領域の化学組成は地球上の対応物に似ています。

アポロ計画の宇宙飛行士が1969年から1972年に地上の衛星を訪れたとき、彼らはとりわけ月面の「受動的地震実験」(PSE)を暴露しました。 実験の4つの地震計は、地下のすべての地震振動を連続的に記録し、1977年までデータを送信しました。とりわけ、目的はこれらのデータから月の内部構造を推定することでしたが、それは部分的にしか成功しませんでした。

月の内部の正確な構造は不明

アリゾナ州立大学の惑星科学者エド・ガーネロは、「月の最も深い内部、特に核があるかどうかの問題は、地震学者にとって盲点でした」と説明しています。 「アポロミッションの地震データはノイズが多すぎて、内部を高い信頼性で描写できませんでした。 他の間接的な測定方法は現在、月の核の存在を示唆していますが、そのサイズと組成の詳細は不明確でした。「結果と解釈はしばしば大きく異なりました。

ノイズで増幅された信号

アポロ測定の不快なノイズは、地震波に影響を与えた月の地殻の複数の亀裂と歪みによって引き起こされました。 したがって、このノイズではより深い層の情報が失われました。 しかし、現在、ハンツビルにあるNASAのマーシャル宇宙飛行センターのレニーウェーバー率いる研究チームは、最先端の技術を使用して古いアポロデータを再分析しました。

地震実験前のアポロ測定の生の地震記録©NASA / JSC

「アレイ処理方法は、地震記録を組み合わせることにより、検出が困難な弱い信号を増幅することができます」と、この研究の共著者であるアリゾナ州立大学のPeiying Lin氏は説明します。 地震記録はデジタル的に組み合わされ、一種の「積み重ねられた」積み重ねになります。 同じ信号が加算されて増幅されますが、干渉ノイズのそれぞれの異なる信号は増幅されません。 ディスプレイ

これらの信号をすべてまとめると、核反射の振幅が見えるようになります。 これにより、月の深さをマッピングできます.

周囲の遷移ゾーンを持つ固体および液体コア

結果は、月の内部構造が非常に素朴であることを示しています。それは、直径480キロメートル以上の内側の固体鉄芯を持っています。 これは、約90キロメートルの厚さの液体鉄の外側のコアに囲まれています。 しかし、地球とは対照的に、月の外側のコアには、厚さ約160キロメートルの部分的に溶けた境界層が続きます。 地球と同様に、月の核の金属には硫黄や酸素などの軽い元素が少量含まれています。

より多くのデータを提供する新月ミッション

このような情報は、月の形成に関する既存の理論とモデルを改善し、必要に応じて修正するために不可欠です。 「しかし、地球のように、月の内部についてはまだ知らないことがたくさんあります」とガルネロは説明します。 この情報は、月の形成と進化、および初期地球のそれを理解するための鍵です。したがって、研究チームはアポロ物質の分析を継続しています信号からさらに多くの情報を取得し続けます。

月の研究者たちはまた、今年から始まる「重力回復と内部研究所」(GRAIL)などのNASAのさらなるミッションを期待しています。 ミッションの2つのツインプローブは、月の軌道を周回することで、数か月間、地球衛星の重力場を測定します。

(NASA /科学、2011年10.01。-NPO)