ドナウ川の氷はこれ以上ありません

気候変動はヨーロッパで2番目に大きい川でも顕著です

ルーマニアのトゥルチャ近くのドナウ川:川の冬の氷の覆いは、今日の絶対的な例外です。 ©alex78tl / CC-by-sa 3.0
読み上げ

ドナウ川-ヨーロッパで2番目に大きい川-は、気候変動の明らかな症状を示しています。 約70年前までは、ほぼ毎年冬にドナウ川のアンダーフローが数週間凍結したためです。 しかし、1950年代以降、長期データの分析から明らかなように、氷床は絶対的な例外となっています。 この劇的な流氷の背後には、主にヨーロッパの冬の気温の上昇があります。これは、研究者が「Scientific Reports」誌に報告しているためです。

多くの古代の絵​​画と歴史的記録は、冬のヨーロッパでは凍った川が珍しくなかったという事実を証明しています。 これは、気候研究でも確認されています:「北半球では、すべての河川の約60%が冬の氷の形で顕著な季節効果を経験しています」 しかし、今日、氷で覆われた海のあるこのような冬はかなりまれです-それはそうです。

エアコンとしてのアイスダイアリー

しかし、これはすでに気候変動の影響なのでしょうか、それとも自然な気候変動の影響なのでしょうか、それとも主観的な印象なのでしょうか? イオニタと彼女の同僚は今、下層ドナウ川の例を使用してこれを調べました。 彼らの研究のために、彼らは1836年以来ルーマニアのトゥルチャ港に保管されている氷ログを評価しました。 毎年冬には、ドナウ川が凍った時期と時間を記録します。

「これは、この地域のドナウ川での最初の長期にわたる氷被覆の記録です。約180年前に遡ります」と研究者は言う。 彼らにとって、これらの長期データは、ドナウ川デルタの気候変動と冬季の氷結への影響を理解するユニークな機会でした。

ドナウ川流域の冬の温度異常(上)とトゥルチャのドナウ川の氷の被覆。 ©Ionita et al。、Scientific Reports / CC-by-sa 4.0

1950年頃の急激な変化

その結果:ほぼ70年前まで、ドナウ川下流部はほぼ毎年冬に凍結しました。 研究者が報告しているように、平均して、川は約32日間凍ったままでした。 しかし、1950年代以降、これは大きく変化しました。「この氷の記録の最も顕著な特徴の1つは、1950年頃から氷がほとんどない体制への急激な変化です」とイオニタと同僚は言いました。 ディスプレイ

それ以来、ドナウ川の氷は絶対的な例外でした。研究者が報告しているように、ドナウ川は1951年から2016年までの期間に10回しか凍りませんでした。 「氷で覆われた日数も大幅に減少しました」と科学者は言います。

常に暖かい冬

しかし、原因は何ですか? 調べるために、イオニタと彼女の同僚は、地域および超地域の気象データシリーズを分析し、北大西洋振動などの自然の気候変動の影響の可能性も含めました。 彼らはまた、大規模な大気流の変化も考慮した。 しかし、彼らが報告するような自然現象との相関はありませんでした。

冬の気温上昇と氷の減少の相関関係 イオニタら、Scientific Reports / CC-by-sa 4.0

しかし、中央および東ヨーロッパでは長期的な気候変動とのつながりがありました。 「ヨーロッパでは、1940年代後半にすでに冬の気温が大幅に上昇しました」とイオニタは言います。 「それ以来、冬の月は通常十分に寒くなくなり、ドナウ川や他の主要な川はもはや定期的かつ長期間凍結できなくなります。」今日の東ヨーロッパの冬は、1901年から1950年までの期間よりも平均で最大1.5度暖かいです。

気候変動の指標

さらに、1980年代以降、冬の黒海の水温はそれほど低くありません。 この内海の暖かさは、東ヨーロッパとロシア西部の冬がより穏やかで湿った状態になるのを助けます。 また、イオニタが説明するように、排水と暖かさの川への流入は幻想に対抗します。「人間の影響もここではっきりと見えます。」

科学者によると、川の氷の覆いは、地球温暖化と地域の温暖化がもたらし、またもたらすであろう変化の重要な指標です。 「気候科学者が氷と地球温暖化について話すとき、ほとんどの人はグリーンランドの氷河または北極海の海氷について考えます」とイオニタは言います。 「ヨーロッパの湖や川の冬の氷の量が気候変動の指標と同じくらい重要であることを本当に認識している人はほとんどいません。」(Scientific Reports、2018; doi:10.1038 / s41598-018-26357-W)

(Alfred Wegener Institute、Helmholtz Center for Polar and Marine Research、22.05.2018-NPO)