天の川のガンマの中心で

IBISは未知のオブジェクトを明らかにします

ガンマ線の天の川の中心 ESA / F.レブラン(CEA-Saclay)
読み上げ

これまで、ガンマ線の天の川の中心部はぼやけたバンドとしてのみ知られていました。 現在、高解像度の望遠鏡IBISを使用して、ヨーロッパの研究者は、この拡散光の背後に約100個の天体が存在することを発見しました。 研究者によると、発見されたオブジェクトのほぼ半分は、以前に知られているガンマ線源のクラスのいずれにも属していませんが、宇宙におけるまったく新しい種類の「ガンマ線エミッタ」を表している可能性があります。

ギャリングのマックスプランク地球外物理学研究所を含むヨーロッパの研究者は、高解像度の望遠鏡IBISで、天の川の中心部からのガンマ線が約100個の天体から本質的に発していることを発見しました。 ただし、星間空間からの放射はわずかな役割しか果たしません。 以前のガンマ望遠鏡には、個々の光源を解決するために必要な空間分解能と感度がありませんでした。そのため、拡散したグローしか見ることができませんでした。

なぞなぞ完成

「INTEGRAL」の高い空間分解能と感度のおかげで、以前のガンマ望遠鏡ではぼやけた画像しか提供できなかった天の川の中心部で、個々のガンマ線源を初めて特定することができました。 医療用X線装置と同様の拡散低エネルギーガンマ線が天の川の中心から出るという事実は、1970年代半ばの気球実験でのみ発見されました。 それ以来、人々はいわゆる銀河ガンマ背景について話していました。

もともと、この放射は、星間媒体である星の間の空間から来たものと考えられていました。そこでは、宇宙粒子放射とガス原子または他の光子との相互作用によって生成されます。 ガスは宇宙全体に分布しているため、ガンマ線の拡散性を説明できますが、この放射線の観測された強度ではありません:ガンマ線が実際に提案されたメカニズムのみである場合、ガンマ線は実際よりも弱いでしょう現実が観察されます。 この謎、なぜガンマ線の天の川がとても明るく輝くのか、何十年も解決できませんでした。

未知のガンマエミッタ

銀河系の中心にある銀河系の背景は、多数の個々のソースが原因であるという最初の兆候は、昨年の夏にSPI / INTEGRALによって発見されました。 フランスのSaclayにあるFrancois Lebrunが率いる研究チームは、現在、天の川の中央部で91のガンマ線源の証拠を報告しました。 科学者の驚いたことに、これらのオブジェクトの約半分は、以前に知られているガンマ線源のクラスに属していませんが、まったく新しい種類のガンマ線放射源を表している可能性があります。 ディスプレイ

「INTEGRAL」がIGRJ 16318-4848と呼ばれる奇妙な物体を発見した2003年10月に、宇宙ガンマ線源の未知のクラスが存在する可能性の最初の兆候がすでに存在していました。 「INTEGRAL」とESA X線観測所「XMM-Newton」のデータから、おそらく星の1つがここで連星系を扱っていると結論付けることができます。冷たい星と塵の厚い殻に埋め込まれた中性子星またはブラックホール。 この連星系では、他の星からのガスがブラックホールまたは中性子星を満たすと、エネルギーはすべての波長で放出されますが、主にガンマ範囲です。

新しい謎が始まる

しかし、プロジェクトマネージャーのフランソワ・レブランは、現在、天の川の中央部で見つかった情報源に関する結論に飛び込むのに十分なほど慎重です。 なぜなら、ブラックホールとは関係のない質問の他の説明があるからです。 たとえば、爆発した星のコンパクトな残骸が、急速に回転する「スター発電所」、いわゆるパルサーからエネルギーを引き出します。

源の正確な性質がどうであれ、「INTEGRAL」は、新しい天体の放射エネルギーが、天の川銀河の中心部からの低エネルギー拡散ガンマ背景全体のほぼ90%を占めることを説得力をもって示しています。 一方、星間空間からの放射は、中心的な領域だけでなく、天の川のいたるところにそのような天体を見つけることができるかどうかという疑問を提起するため、まったく新しい役割を果たします。 Lebrunは次のように述べています。「以前の結果を天の川全体に外挿するのは自然です。 実際、これまで私たちは中央地域のみを研究してきましたが、それは他の地域に比べて天の川の非常に特別な場所です。」

体系的な検索

次に何をすべきですか? ガーチングのマックス・プランク地球外物理研究所のガンマグループの責任者であるVolkerSch nfelderは、以前の調査をより高いガンマエネルギーで実行することが非常に重要であると説明します。リード。 高エネルギー測定は、光源の性質をよりよく理解するために重要です。 この測定範囲では、「INTEGRAL」上の2番目のガンマ望遠鏡であるSPI(INTEGRAL上の分光計)の感度が高く、効果的です。 一方、これらの調査はすでに進行中であるため、IBISとSPIの結果をすぐに比較して要約することができます。

さらに、観測を天の川の残りの部分に拡張します。 ESAの「INTEGRAL」の科学ディレクターであるクリストフウィンクラーは、「将来、天の川全体をスクリーニングする必要があります。 INTEGRALにとって、これは長くて退屈な仕事です。 しかし、最終的には、天の川で最も精力的な天体の目録を作成します。」

(idw-科学の進歩のためのマックスプランク協会eV、19.03.2004-AHE)