オーガニックベビーティーに含まれる有毒植物物質

4つの製品は、発癌性ピロリジジンアルカロイドのレベルの上昇を示しました

これらのベビーティーは発がん性物質についてテストされました-それらの15は無害でした。 ©ZDF /マイケル・ギャレット
読み上げ

テスターは、幼児向けの4つのオーガニックハーブティーで探しているものを見つけました。ZDF消費者雑誌「WISO」のサンプルでは、​​テストされた19のティーのうち4つが毒性ピロリジジンアルカロイドのレベルの上昇を示しました。 これらの植物栄養素は、高用量で長期間摂取すると生物に損傷を与え、肝臓腫瘍を引き起こす可能性があります。 メーカーはすぐに対応し、その間、影響を受けた製品を市場から排除しました。

早くも2013年夏、連邦リスク評価研究所は、個々のハーブティー中のピロリジジンアルカロイド(PA)の高濃度を決定しました。 これらのハーブの毒は、茶草自体からではなく、他の植物の汚染物質によってお茶に入ります。 特に、それらは茶草の間の雑草として成長し、収穫に容易に入ることができるサワギクで生産されます。

特に幼児に有害

特に乳幼児はピロリジジナルカロイデの健康によって危険にさらされています。 子供の体は植物毒を洗い流しませんが、それを保存します。 その結果、彼女の肝臓がんの発症リスクは成人の10倍から100倍高いと、ボン大学のハーブ毒素の専門家であるヘルムート・ヴィーデンフェルドは説明しています。

世界保健機関(WHO)は、低用量であってもピロリジジンアルカロイドの危険な長期的影響について長年警告してきました。 それにもかかわらず、法的制限はありませんが、成人に推奨される最大レベルのみです。 これまで、製造業者に対する唯一の推奨事項は、収穫慣行を管理し、国際的に認められている最大量を超えないことです。

誤ってカニブタクサが茶雑草に到達した場合、これはピロリジジンアルカロイド値の増加につながります。 クリスチャン・フィッシャー/ CC-by-sa 3.0

最大7回を超えた最大量

彼らのテストのために、雑誌「WISO」の従業員は、独立した実験室テストで、食料品取引、ディスカウント、薬局、ドラッグストアから、赤ちゃんのための19人の子供を注文しました。 結果:15のお茶は邪魔されませんでしたが、4つの有機製品で、試験者はピロリジジンアルカロイドのレベルの上昇を発見しました。 ディスプレイ

PAで最もひどく汚染されたのは、1カップあたり1.9マイクログラムのPAまたは茶1キログラムあたり1, 935マイクログラムのSonnentor製のSonnenkindベビーティーで、これは成人に推奨される最大の7倍です、 これに続いて、Alnaturaのベビーハーブティーが1カップあたり1.4マイクログラム(少なくとも推奨用量の3倍)で摂取されました。 テスターはまた、ベビーツリーティー(カップあたり0.3マイクログラム)とサルスベビーティー(カップあたり0.06マイクログラム)のPAレベルの増加を発見しました。

それ以降、すべての企業は、請求済みのバッチを市場から排除しました。 さらに、Sonnentor社は当該製品を想起しました。 消費者は、Sonnenkind Babyteeを、2016年1月31日までの最高の賞味期限と、購入した証明がなくてもバッチ番号VH13111902E10で返品できます。

WISOでベビーティーテストの詳細を確認できます。

(ZDF、2014年3月11日-NPO)