生物多様性の5〜12?

Nature 2008のデータが提出されました

ウフ(bubo bubo) Gunnar Ries / Creative Commons Attribution ShareAlike 2.5
読み上げ

より多くのオジロワシ、ハヤブサ、ワシフクロウまたはコキンメフクロウ:ドイツのいくつかの絶滅危ed種の資源が回復しました。 しかし、広範な保護対策にもかかわらず、動植物の多様性は全体的に減少し続けています。 これは、昨日ベルリンで行われたシグマールガブリエル連邦環境大臣と連邦自然保護庁(BfN)のベアテジェッセル大統領が発表した「Data on Nature 2008」から明らかです。

5月にボンで開催される第9回生物多様性条約締約国会議の4週間前に、ドイツおよび世界の生物多様性の包括的な概要をご覧いただけます。

「この中央自然保護協定の実施に関する信頼できる具体的な位置決定には、状態と自然と景観の変化に関する科学的データと情報が不可欠です」とガブリエルは述べています。

気候変動は生物多様性を危険にさらします

新しい報告書によると、気候変動は今世紀末までに生物多様性に対する最大の脅威になる可能性があります。 専門家は、摂氏2度上昇すると、世界中の種の20〜30%が絶滅の危機にさらされることを恐れています。 これには、自然保護のための新しい戦略が必要です。

より多くの国立公園、より大きな保護地域

しかし、2008年のデータは、ドイツで自然保護と持続可能な利用の成功を達成するために、近年集中的な努力がなされたことも示しています。 たとえば、自然保護区の総面積は、過去10年間で約30%増加しました。 ディスプレイ

国立公園の数も11から14に増加し、総面積は約960, 000ヘクタール(ha)で、そのうち190, 000 haが土地です。 BfNとBMUによると、この保護地域の増加により、ドイツは世界的な保護地域システムの確立に大きな進歩を遂げました。

欧州委員会の承認により、ドイツの領土の約14パーセントと排他的経済水域のほぼ3分の1が、欧州のNatura 2000の保護地域ネットワークの一部になりました。ヨーロッパの種と生息地の種類のうち、望ましい望ましい保全状況が重要であると、「ガブリエルは言いました。

肯定的な結果の鳥の監視

対象を絞った保護対策により、ハヤブサやコキンメフクロウなどの絶滅危species種の個体数はドイツ全土で積極的に成長しています。 これは、連邦政府とレンダーが共同で資金を提供しているドイツのアビファウニスト連盟(DDA)の全国再編成鳥類監視プログラムの結果によって示されています。

{2R}

「成果は私たちを励まし続けるはずです。 彼らは、私たちが生物多様性のネガティブな傾向を覆し、私たちの努力で自然環境を正常に保護および復元できることを示しています。

自然保護に関しても前向きな進展があります。 一方、ドイツの森林地域の約3分の2が認証されており、FSC(森林管理協議会)によると約5%、PEFC(森林認証制度の承認プログラム)によると65%未満です。

全体的な状況は依然として憂慮すべき

「重要かつ正しい措置が講じられ、具体的な措置が成功裏に実施されたとしても、生物多様性および自然予算の全体的な状況は依然として警戒すべきものです」とBfNのベアテ・ジェッセル大統領は述べた。

たとえば、ドイツのビオトープタイプの70%以上が絶滅危ed種に分類されています。 現在更新され、2008/2009年に公開予定の動物、植物、キノコのレッドリストの初期結果によると、ドイツで見つかった爬虫類のほぼ3分の2が絶滅の危機にedしています。

まだやることがたくさん

これらの例は、2008年の自然に関する日付に示された他の多くの事実と同様に、人々の幸福を促進するために州、連邦、および国際レベルでの集中的な共同努力が依然として必要であることを示しています自然と景観の大混乱に対抗するため。 自然保護は、自然の保護、開発、持続可能な利用を促進するために、関連するすべての政策分野に統合されなければなりません。

2007年11月に採択された生物多様性に関する国家戦略は、社会的行為者の積極的な関与により、生物多様性に関連するすべての分野で重要な措置を講じるという連邦政府の意図を文書化し、この目的のための明確な行動計画を策定しました。

ガリエルは、一連の措置全体を2010年までに実施し、2010年の目標の達成に貢献する必要があります。

(idw BMU /連邦自然保護庁/連邦政府オンライン、2008年4月25日-DLO)