エプスタインバーウイルスは多発性硬化症の引き金になりません

ミエリンタンパク質に対する抗体攻撃の原因ではない子供のウイルス感染

エップシュタイン・バー・ビリオン(ラウンド)©PloS Biology / CC-by-sa 2.5
読み上げ

世界MSデーに間に合うように、研究グループは、小児におけるエプスタイン・バーウイルス(EBV)の感染が多発性硬化症の唯一の引き金ではないという証拠を提供しました。 雑誌「神経学」に掲載された研究は、感染が脳で発生するタンパク質に対する抗体形成の増加を引き起こさないことを示しています。

研究者たちは、エプスタイン-バーウイルス(EBV)が多発性硬化症(MS)を含む自己免疫疾患を引き起こす可能性があるかどうか長い間議論してきました。 この変異は、多発性硬化症の子供では、病気でない人よりもウイルスに対する免疫反応が頻繁に起こるという事実によるものでした。 ただし、これまでのところ、トリガー効果の直接的な証拠は提供できませんでしたが、反対の証拠はありません。 現在、ミュンヘン工科大学神経学部長のベルンハルト・ヘマー教授が率いる科学者たちは、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)および多発性硬化症の前駆症状である臨床分離症候群(CIS)の子供の血液サンプルとこの潜在的な関連性を調査しました。

ミエリンタンパク質に対する抗体

両方の疾患は、中枢神経系(CNS)での急性自己免疫反応の発現です。神経線維を保護するミエリン層が攻撃され、それに埋め込まれたタンパク質が破壊されます。 したがって、医師は自己免疫の原因、そして最終的にはADEMおよびCISの多発性硬化症を調べることができます。 さまざまな研究グループの研究者はすでに、健康な子供や他の神経疾患の子供と比較して、ADEMおよびCIS患者の抗脳タンパク質(ミエリンタンパク質/ MOG)の濃度が著しく高いことを示しています。

因果関係の兆候はない

ミュンヘンの研究者は、ADEMとCISの子供がEBウイルスに感染しているかどうかにかかわらず、MOG抗体の発生とは無関係であることを証明することができました。 Eppstein-Barrウイルスに感染した子供のABNtikörperwerteは、非感染者のABNtikörperwerteよりも高くありませんでした。 さらに、これらの子供のEBV感染がその後の過程でMSを発症するリスクを高めるという明確な証拠はありませんでした。

「神経系の炎症性疾患の小児における徹底的なEBV感染とMOGタンパク質に対する抗体反応との間に関連があるという我々の疑念は確認されていません」 「我々の研究の結果は、エプスタイン-バーウイルスの感染は、特にMOGタンパク質に対する自己抗体の発達のために、子供の神経系の炎症性疾患の発症の唯一の原因物質として使用できないことを示しています。」むしろ、患者の一部にのみEBVが関連していることを示唆します。 ディスプレイ

(疾患関連能力ネットワーク多発性硬化症、2010年5月26日-NPO)