ダックビルの新しい恐竜

7, 200万歳のハドロサウルスは、日本でこれまでに発見された最大の恐竜の骨格です

これは、カムイサウルス・ジャポニカスのように見えたかもしれません。 ©Kobayashi et al。、2019 / Scientific Reports
読み上げ

新しい家族:日本の研究者は、未知のハドロサウルス種の7, 200万年前の化石を発見しました。 カモノハシの恐竜は生涯約8メートルの長さで、少なくとも4トンの重さで、海の近くに住んでいました。 チームによると、化石はこれらの成功した草食動物の進化に関する新しい洞察を提供し、記録を樹立します。 この発見は、日本でこれまでに見つかった最大の恐竜の骨格だからです。

ハドロサウルスは白亜紀の最も成功した恐竜グループに属していました:草食動物はダックビル恐竜とも呼ばれ、地球の中世に惑星の大部分を征服しました-それらの化石はすでに北アメリカ、南アメリカ、アジア、ヨーロッパ、さらには南極が発見されました。 研究者たちは、ハドロサウルスは白亜紀末の地球上で最も一般的な草食恐竜だと考えています。

長さ8メートルの巨像

この恐竜グループの新しいメンバーは、現在、北海道大学の小林義tsu率いる科学者チームを紹介しています。 日本のMu川にあるいわゆる箱b層で、彼らはこれまで知られていなかったハドロサウルス種のほぼ完全な骨格を発掘しました。 当初、尾の一部のみが2013年に発見されていました。 しかし、次第に多くの骨が現れ、最終的には明確になりました。これは日本で発見された最大の恐竜の骨格でした。

ジャイアントディノについてさらに学ぶために、研究者は研究のために彼の死骸をより詳しく調べました。 分析の結果、7, 200万年前のハドロサウルスは生涯を通じて長さが約8メートルで、重量が4トンから5トンであることが明らかになりました。 チームはおそらく9歳以上の成熟した男性だったと報告しています。 その頭に、カミュイサウルスの洗礼を受けた種は、小さなブラキロフォサウルスによって知られているものに似た小さな櫛を運んでいたかもしれません。

生息地の海岸

他のダックビル恐竜の化石との比較により、カミュサウルス・ジャポニカスはエドモントサウリニに属していることが明らかになりました。 したがって、彼はロシアで発見されたケルベロスと中国のライヤンゴサウルスと密接に関係しています。 研究者は、これらの恐竜の祖先がもともと北アメリカで開発され、そこからアジアに移住したと疑っています。 アジアと北米は当時のアラスカで接続されていたため、動物は2つの大陸間を行き来できました。 ディスプレイ

この文脈で興味深いのは、カミュサウルスが生涯にわたって海洋環境に住んでいたことです。 小林のチームが説明するように、この恐竜の祖先も沿岸地域に住むことを好んだという兆候があります。 海洋環境は、ハドロサウルスの進化に重要な役割を果たした可能性があります。 (Scientific Reports、2019; doi:10.1038 / s41598-019-48607-1)

出典:科学レポート

-ダニエル・アルバト