CO2排出量は未確認で増加しています

2018年の世界の温室効果ガス排出量は、前年より2.7%増加します

2018年も世界のCO2排出量は増加し続けました。 ©Drbouz / iStock
読み上げ

2018年、世界のCO2排出量はこれまでになく増加します。これは、現在のグローバルカーボンプロジェクトのバランスシートで明らかになっています。 したがって、世界の温室効果ガス排出量は、2017年と比較して今年はさらに2.7%増加しました。 主な原因は、石油と天然ガスの化石エネルギー源の未確認の成長です。 研究者が報告しているように、石炭の使用も世界的に増加しています。

カトヴィツェで開催された世界気候サミットでは、より効果的な気候保護への道筋が議論されていますが、測定データは次々と悪いニュースを伝えています。 大気のCO2レベルは405.5 ppmの記録的な高さであり、世界気象機関(WMO)によると、2018年は再び史上最高の温暖化になります。 過去22年間のうち20年間は、新しい熱記録を更新しています。

放出曲線は上向きに続く

現在、2018年の世界的な温室効果ガス排出量の詳細な評価を伴うグローバルカーボンプロジェクトは、新しい悪いニュースを送っています。 研究のために、研究者は世界中のすべての国からの排出データを分析し、またどの化石燃料から発生した排出量の内訳も含めました。 追加要因として、森林伐採や農業などの土地利用の変化による温室効果ガスの排出が含まれていました。

2018年の見積もりを含むCO2排出量の開発。©Global Carbon Project

その結果、人類のCO2排出量は減少または停滞する代わりに、急速に増加し続けています。 研究者によると、2018年の排出量は2017年の排出量よりも2.7%高くなります。 2014年から2016年の間の短い減速の後、温室効果ガスの排出量の増加が再び加速しています。 すでに2017年には、排出量は前年に比べて1.6%増加しました。

トップ10の発行者の間のドイツ

「排出量が数年前にピークになることを期待していました」とスタンフォード大学のロブ・ジャクソンは言います。 「しかし、2年間の新たな成長の後、それは希望的観測だったかもしれません。」代わりに、2018年の化石燃料からのCO2排出量は、371億トンの新記録に達します。 これに追加されるのは、土地利用の変化などの非化石源からの別の45億トンのCO2です。 ディスプレイ

研究者によると、CO2排出量の最大の10か国は現在、中国、米国、インド、ロシア、日本、ドイツ、イラン、サウジアラビア、韓国、カナダです。 中国だけで世界のCO2排出量の27%を占めています。 米国は排出量の15%を占め、EUは約10%を占めています。 それらを国として数える場合は、気候変動リストの3位に入れてください。

主な原因としてのエネルギー飢hungと交通

報告書によれば、CO2排出量の増加の主な理由は、世界の人口のエネルギー飢hungの高まりであり、この需要は依然として主に化石燃料で賄われているという事実です。 「エネルギーの世界的な需要は、再生可能エネルギーとエネルギー効率の強力な成長にかかっています」とジャクソンは言います。 「再生可能エネルギーが増加するだけでは不十分であり、化石燃料を消費しなければなりません。」

しかし、これまでのところほとんどそうではありません。EUでは、再生可能エネルギーのおかげで、石炭とガスの使用がわずかに減少しています。 それが、特に車両の交通と航空のために、オイルがさらに使用される理由です。 状況は世界でも同様です。研究者によると、車両の数は2010年以降4%増加し、同時期に商用航空の燃料消費量は27%増加しました。

さまざまなソースからのドイツからのCO2排出。 グローバルカーボンプロジェクト

石炭のルネサンス?

多くの先進国では、発電のための石炭の使用は近年すでに減少しています。 「米国とカナダでは、2005年以降、石炭消費量が40%減少しています」とジャクソンと彼のチームは報告しています。 英国はまた、天然ガスへの大きな切り替えのおかげで、石炭燃焼の排出量を大幅に削減しました。 研究者によると、英国は2025年までに石炭からの撤退を作成することができました。

しかし、多くの新興国では状況が異なります。「東南アジアと中南米では、過去10年間で石炭使用量が年間3%増加しています」と科学者は報告しています。 そして、数年前に新しい石炭火力発電所の計画を氷上に置いた中国でさえ、現在これらの発電所の一部を建設したいと考えています。 「中国は再びキャンセルすべき石炭プロジェクトを推進しています」とジャクソンは言います。

ターンアラウンドは可能ですか?

新しい排出報告書は、世界が独自の気候保護目標を達成するには程遠いことを改めて示しています。 「世界的なエネルギー需要の増大は、脱炭素化の取り組みをはるかに上回っています」とイーストアングリア大学のコリン・ル・ケレは述べています。 科学者は、地球の大気中のCO2レベルが2018年末までに別の記録407 ppmに上昇する可能性があると推定しています。

しかし、研究者によると、温室効果ガスの排出が経済成長とエネルギーへの飢えから切り離されている場合にのみ、CO2排出の必要な転換が起こるでしょう。 「排出量の少ないこのような成長が可能です」とLeQuéréは強調します。 実際、デンマーク、スイス、フランスを含む19か国があり、過去10年間で少なくとも一時的に成功しています。

「毎年増加する排出量は、経済と家庭、生命と生活を危険にさらします」と、クリスティアナ・フィゲレスと他の気候研究者は、ジャーナル「Nature」の解説で警告します。 「そして、彼らは何世紀にもわたって気候変動の影響に私たちをさらし続けています。」(Environmental Research Letters、2018; doi:10.1088 / 1748-9326 / af303; Earth System Science Data、2018; doi:10.5194 / essd-10-1-2018)

出典:Global Carbon Project、Nature、スタンフォード大学、イーストアングリア大学

-ナジャ・ポドブレガー