南極:氷の損失は6倍に増加しました

おそらく安定した東南極は、想定よりも氷の融解に大きく貢献している

南極の氷河は速度を上げ続けています。南極半島のバルドフォー山とフレミオン氷河の写真©NASA / Joe MacGregor
読み上げ

ラピッド・シュメルツェ:過去40年間で、南極の氷の損失は劇的に増加しました。 1979年の年間質量損失はまだ400億トンでしたが、2017年には、これまでに南大陸の最も包括的な質量収支から明らかなように、すでに年間2, 520億トンです。 心配なことに、この氷の溶けた部分は東南極の一部でもあります-研究者が報告しているように、以前は安定した地域でした。

南極は地球上で最も寒い場所を覆っていますが、地球上で最大の氷の貯水池で氷が溶けています。 ますます多くの氷棚が巨大な氷床を取り壊し、最近ではラーセンC棚に設置されています。 氷河の舌のはるか下の地下にあるノッチによって、そこに温かい深層水が浸透します。 したがって、西南極の一部では、氷の融解は不可逆的でさえあり得る、と研究者たちは恐れている。

年間40〜252ギガトン

カリフォルニア大学アーバイン校のエリック・リグノットと彼のチームは、南極の氷の損失と霜の霜取りの新しい記録を作成しました。 彼らの研究のために、彼らは1979年から2917年の期間の降雪、氷河の動き、氷の収縮に関する衛星データと試験機のデータを評価しました。 彼らはまた、南極の氷冠の18の地域と176の流域における氷の損失を決定しました。

1979年から1989年および2009年から2017年の10年ごとの氷損失の比較。 Rignot et al。、PNAS / CC-by-sa 3.0

その結果:研究者が報告しているように、過去40年間で南極の氷の損失は6倍に増加しました。 1979年から1990年の間に、南大陸は年間400億トンの氷を失いました。 対照的に、2009年から2017年までの期間では、すでに年間2, 520億トンでした。 「10年ごとに、氷の損失は2001年以前のレベルの280パーセントになりました」とリグノットと彼の同僚は言います。

不均衡

データは、特に大陸の東部の部分的に豊富な降雪でさえ、氷の損失を補うことができないことを示しています。 」、研究者が報告します。 「」これは、東南極にも適用されます。

リグノットと彼のチームが計算したように、氷が溶けたため、南極は1979年以降、世界の海面上昇に約14ミリメートル寄与しています。 「この間、質量の損失は、温かく氷河下の深層水に最もさらされていた地域に集中した」と研究者たちは説明する。

東南極は予想よりも敏感です

分析によれば、西南極は氷の収縮の最大の割合を占めており、総氷損失の63%を占めています。 南極半島は全体の減少の17%を占めました。 しかし、長い間安定していると考えられていた東南極も驚くほど高いシェアを持っています。リグノットと彼のチームが決定したように、氷の損失に約20%寄与しました。 この東南極メルトの大部分は、この大陸の東海岸のウィルクスランドで発生しました。

「南極東部のウィルクス地域は、従来考えられていたよりも明らかに気候変動に敏感です。 したがって、私たちの観察は、東南極の氷床が安定しており、変化に対して免疫があるという概念と矛盾しています。 「この地域には、西南極と南極半島を合わせたよりも多くの氷が含まれているため、これは重要です。」(National Academy of Sciences、2019; doi:10.1073 / pnas.1812883116)

出典:カリフォルニア大学 アーバイン

-ナジャ・ポドブレガー