アラスカ:恐竜の間に住んでいたミニ・ビートラー

6900万年前の化石は、これまでで最も北に知られる有袋類の遺物です。

小さな先史時代の有袋類の場所は、アラスカのコルビル川です-これまでのところ、有袋類を発見したことはありません。 ©Patrick Printmiller
読み上げ

小さいが厳しい:アラスカでは、古生物学者が6900万歳の有袋類の化石を発見しました。 骨が証明しているように、ほんの数センチの大きな生き物が多数の恐竜の真っin中に住んでいた。 ただし、特別な機能:この有袋類は発見された最北です。 彼の生涯の間、この場所は北極点にさらに近かった-それは4ヶ月間暗く残った。

白亜紀の気候は現在よりもはるかに温暖でしたが、それでもアラスカは住みやすい場所ではありませんでした。冬は数か月間暗く、雪が降る頻度が高くなりました。 古くから古生物学者は、この地域はせいぜい人口密度が低いと考えていました。 さらに驚くべきことは、数年前に極北で数千の恐竜の化石が発見されたことです。 2018年、研究者は、一緒に発見されたことのない2つの恐竜種の痕跡に出会いました。

最北端の有袋類

アラスカの白亜紀の野生生物は、以前考えられていたよりもさらに多様であったことが判明しました。 コロラド大学自然史博物館のJaelyn Eberleと彼女のチームは、有袋類の化石も数多く初めて発見しました。 約6900万年前に住んでいた、わずか数センチの大きさの約60個の標本の残骸です。

ディノスで画像を検索:抜粋は、ミニ獲物Unnuakomys hutchisoniの再構成を示しています。 ©James Havens

したがって、研究者が報告しているように、Unnuakomys hutchisoniの洗礼を受けた種は、これまでで最も北に知られている有袋類の種です。 これらの動物の一生の間、彼らの生息地は80番目の平行線であり、したがって北極圏を超えていました。 小さなオポッサムに似たUnnuakomysは、おそらく昆虫や植物を食べており、約4か月の恒久的な暗闇に対処しなければなりませんでした。

特別な調整?

古生物学者は、小さなBeutlerが行動や生理学に特別な適応を持っていたので、彼がこれまでずっと北で生き残ることができると推測しています。 「この場所でのUnnuakomys hutchisoniの頻度は、北極圏環境でこの小さな有袋類が繁栄していることを示唆していますが、気候の極端は他の有袋類の生物地理学的障壁として機能しているようです」研究者は言う。 ディスプレイ

彼らの意見では、これらの新しい発見は、当時の高地の北方には、長い間想定されていたよりもはるかに多様な野生生物がいたことを証明しています。 「北アラスカは恐竜の全範囲が住んでいただけではありません。 現在、新しいタイプの哺乳動物が見つかっているという事実は、当時の生態学に対するまったく新しい洞察を与えてくれます」と、共著者のアラスカ北部博物館のパトリック・ドラッケンミラーは述べています。 「新種ごとに、この原始極地の風景の新しい写真が得られます。」(Journal of Systematic Palaeontology、2019; doi:10.1080 / 14772019.2018.1560369)

出典:アラスカ大学フェアバンクス校

-ナジャ・ポドブレガー